自動車の安全を守る※ビビりペーパードライバーの安心交通ガイド

自動車の安全を考えるー交通事故の歴史

自動車事故は自動車が発明した直後から始まった。事故自体にはとても長い歴史がある。
1771年ニコラ、ジョゼフCugnotは彼が発明した蒸気自動車を試演して世界最初の自動車事故を起こした。 幸い当時には人命事故はなかったが、1869年8月31日アイルランド パーソンズタウンで自動車事故が発生してメリーワード(Mary Ward)は人が犠牲となった最初の自動車事故死亡者で記録された。。。。

 

自動車は二種類の根本的な問題によって不意の事故から安全を保障することはできない。
ひとつめは運転者が失敗を犯すことがある人間という点で、二番目は減速時、タイヤが停止摩擦力をなくすという点だ(要するに滑るということ)。 これを補完しようと数多くの試みがあった。

 

 

もし急停車のために高速道路のガードレールで衝突した時運転者が安全ベルトを結んでいたとすれば、その運転者はGに耐えることができる。このように安全ベルトと道路上の安全設備は事故時死傷者を最小化できる手段だが、過去各国の公共道路事業機関はこれに多くの費用がかかってしまう施設だとして設置を敬遠する場合が多かった。

 

初期の自動車安全に関する研究は主に燃料システムの焼き付けの可能性を減らし、ブレーキの性能を向上させるのに焦点が合わされてきた。その結果で現代の自動車エンジンは下へ開放されていて空気より重い燃料気体が抜け出られるように設計されている。また、ブレーキは油圧式に変わって減速がさらによく働くことになった。 衝突時安全に対する体系的な研究は1958年フォード自動車会社で始まった。その後で、自動車安全研究は外部衝突エネルギーを吸収して搭乗客の急激な動きを減らすのに焦点を合わせることになる。

 

 

新しい自動車が発売される時は標準化された安全性検査をすることになる。
EuroNCAPとNHTSAテストがそれらなのに、保険業界側で支援する自動車安全性検査団体もある。

 

技術は進歩しているにも関わらず、相変らず自動車事故で命を失う人の数は十分に深刻な水準といえる。
アメリカとヨーロッパでは毎年それぞれ約4万人の命が自動車事故で死亡していてこの数値は毎年増加している。2020年には現在の二倍まで年間死亡者が発生すると予想している。 その上死亡者よりより多くの数の人が負傷したり障害者になっている。自動車死傷者は特に中国とインドで急激に増加している。